クオリティの高い技術で、企業や技術の進化を遂げる

注意すべき点

ビジネススーツ

特許申請は簡単にできるものではない、ということを頭に入れておく必要があります。許可が下りて有効になるためには、それだけの時間がかかります。許可を得るために、専門家に任せるというのも1つの方法です。

この記事の続きを読む

将来のために

握手

会社の福利厚生は4つあります。年金、健康保険、雇用保険、労災保険です。基本的にはこの4つの保険からなりたっていますが、企業の規模が大きくなると、福利厚生も手厚くなります。

この記事の続きを読む

リスク

名刺

倒産リスクとは、投資を行う際に投資した分の資金を安全を管理するために使用されるものです。倒産リスクに応じた金利を支払うことによって、初めて投資資金を集めることができます。

この記事の続きを読む


世界に技術を発信

営業マン

特許申請の制度には古くからの歴史があります。中世ヨーロッパにおいては、王が恩恵として特許状を与え、商業圏の独占や、発明を排他的に実施する権利を与えたことがありました。イタリアで近代特許制度が誕生したのが1443年ごろでした。イギリスにおいては近代的な特許申請制度の考えのもと、蒸気機関や紡績機などの発明が生まれる環境を整え、イギリスの産業革命につながることになったと言われています。日本では明治維新後の1871年に専売略規則が公布されたのが最初の特許申請制度です。1885年に本格的な特許法である専売特許条例が施行され、1888年には診査主義を確立した特許条例が公布されました。現在の特許申請制度の基礎が確立したのは、1922年の大正10年法においてです。

今後が注目されている特許申請関連の技術として、3Dプリンター技術があります。3Dプリンターはものづくりに革命的な変化をもたらす可能性があり、特許申請の件数が増加しています。世界市場は2021年には1兆800億円となることが予測されており、今後は装置メーカーと材料メーカーの共同による付加製造装置・プロセス・材料の一体的な技術開発が行われ、その分野においての申請件数が増加するでしょう。また主要な欧米企業の動向を踏まえ、戦略的な技術開発および知的財産戦略の実行が必要となってくるでしょう。インプラント治療をはじめ、医療系・歯科系における3Dプリンターの技術において、特許申請件数は拡大する可能性が高いです。

問診票での判定

電話応対

ストレスチェックの一般的な方法は、問診票での判定です。ストレスチェックは客観的な指標が難しいのです。これからは、メンタルヘルス疾患が拡大していることもあり、ストレスチェックも広く実施されていきます。

この記事の続きを読む